住宅ローン系の独り言(リファイナンス)

キャッシング枠があるだけで住宅ローンの借入額が減る!

特に借り入れもしていないのに、希望する金額まで借りられなかった原因は実はここにあります。

キャッシング枠は「住宅ローンの月々の返済額に加算されてしまう」のでキャッシング枠が多ければ多いほど借り入れできる額が少なくなってしまいます。

とはいっても「キャッシング枠が50万円あるから年間で月々の返済額に50万円分の返済額を入れないといけない」ってわけではありませんよ。

ちなみに某銀行の営業担当に確認したところ、その銀行ではキャッシング枠が一口50万円未満で毎月1万円の借入れをしている扱いになるようです。だから、キャッシング枠が100万円未満であれば2万円の借入れをしているってことに・・・

これだけでは解りずらいので、実際に下の方にキャッシング枠の影響で借入額がどれだけ減るかを解説してみます。

 

年収400万円の方がM銀行で住宅ローンを組む場合の最大借りられる金額は?

前提条件

*「4428」とは仮にM銀行の審査金利4%で100万円を35年借りた月々の返済額での審査金利。

*「35%」とは400万円以上の年収の方は年収の35%まで住宅ローンの返済に充てることができるという意味。

*「12」は年収を1カ月単位にした場合。(借入れがある場合は月々の額から支払い金額を引く事にします)

 

☑キャッシング枠が無い場合

400万÷12÷4428×35%=2634万円 実際借入れできるMAXは2630万円

 

☑キャッシング枠が50万円未満の場合 (毎月1万円の借入れ扱い)

(400万÷12-10,000)÷4428×35%=2555万円 実際借入れできるMAXは2550万円

 

☑キャッシング枠100万円未満の場合は (毎月2万円の借入れ扱い)

(400万円÷12-20,000)÷4428×35%=2476万円 実際借入れできるMAXは2470万円

 

ご覧の通り「キャッシング枠を50万円以下のカードを1つ持つだけ」でも、本来住宅ローンで借りられるはずの金額より80万円も借りることができなくなってしまいます。(汗)

このキャッシング枠の真の怖さは借りていないのに金融機関に借りている人と扱われてしまうことなのです

住宅ローンが何故だか通らない方、または借入希望額を大きく減額された方はこの際、使わないクレジットカードを解約する。またはメインで利用するクレジットカードを「1枚に限定すること」を強くお勧めします。

ページトップへ戻る