リファイナンスしよう

繰り上げ返済を行うベストなタイミングとは!(最終章)

繰上げ返済を行う前提条件・・・

それは繰り上げ返済は「早ければ早いほど利息圧縮効果が期待できる」という事です。

例えば変動金利の場合「返済から1年~7年の間」に繰り上げ返済を行うと利息圧縮効果は非常に高いです。

そのパターンでいきますと、1年から7年程度で繰り上げ返済に充てられる資金を貯蓄し繰り上げ返済を行います。そして8年目以降からは敢えて繰り上げ返済をせずに「子供の教育資金」や「老後の生活を踏まえた資金」を貯めるなどの貯蓄を形成する事をオススメしております。

1年目に繰上げ返済するのと、20年目に繰上げ返済するのでは「総支払額で50万円以上」違うってこともあります。それほど早期に繰り上げ返済をしたほうがやはりお得なのです。

ただ、前の章でも記述した通り「くれぐれも」生活資金がショートしないように・・・(笑)

ページトップへ戻る