リファイナンスしよう

住宅ローン審査時に使用する銀行の3つの代表的な審査方法②

審査方法2:スコアリング方式

 

 

2番のスコアリング方式というのは、簡単に言うとあなたの勤務先、勤続年数、年収などを点数形式で採点する方法になります。

すべての項目に点数をつけて「一定の基準」を満たせば審査承認となります。

 

スコアリング 例

年収 3点

勤続年収 3点

勤続先(非上場) 0点

業種(運転手系) -5点

返済比率 0点 (返済比率30%以上~35%以内)

計 1点 融資可

 

こんな形で各項目に点数をつけて融資できるか、また何点以上で金利引き下げ何パーセントなどを決めるのが「スコアリング方式」になります。

ちょっと上から目線ですけどね・・・

スコアリング方式は、福岡だと○○銀行が採用しています。笑

この形式は自分が懸念している箇所があっても「勤め先が上場企業」などのプラスポイントがあればマイナスポイントをカバーできるケースがあるのが特徴です。

「ツリー方式」を採用している銀行は会社の規模よりも、年収や、返済比率といった個人レベルの属性を気にしますが、対して「スコアリング方式」を採用している銀行は、勤続先の規模をめちゃめちゃ気にしますね。

極端な話、勤め先が上場企業であれば他に多少の借入があっても目をつぶってくれる傾向だと思います。

ただ「ツリー方式・スコアリング方式」でも厳しい方は、次の方式で勝負です!!

続く

ページトップへ戻る