番外編

OHラジカルを水のカプセルに閉じ込め「寿命を10分延長」したナノイー

from Staff

 パナソニックのナノイーが、他社のイオン系の除菌や消臭効果と決定的に違うのは「OHラジカルの寿命」という事らしい。OHラジカルそのものを空気中に放出した場合の寿命は「およそ数ミリ秒程度」とされている。

しかしパナソニックのナノイーは、(酸化できる力を持った)OHラジカルを最大で10分間も空気中に浮遊させられるそうだ。その秘密はOHラジカルを水のカプセルに閉じ込めて飛ばしているからだという。

 

長時間浮遊できるので、たくさんのOHラジカルを部屋の隅々まで届けられる

 その水滴の大きさは、直径約5~20nm。霧吹きでシューッとやると、水滴が白く見えるほど大きいが、沸騰したやかんから出る水蒸気は目に見えないほど小さい。ほとんど目に見えない花粉をゴルフボールぐらいの大きさとすると、ナノイーの水のカプセルの大きさは、小さなビーズほどしかないという事で良さそうか?

              ごく小さいミストカプセルなので、カーテンやじゅうたん、ソファや衣類の中に染み込んでいるニオイにまで届きニオイの根源を分解できる

 と、ここでツッコミを入れる方も大勢いるはず。「水は”H2O”なので、OHラジカルはHを取り込んで機能しなくなっちゃうじゃん!」というものだ。その点をパナソニックの方に聞いてみると、FAQでもあるかのように即答。

 「OHラジカルは水に溶け込むと過酸化水素に変わります。過酸化水素は、一部OHラジカルに戻るので、時間が経っても反応性を維持できます」との事

OHラジカル単体で放出されると、空気中の物質と反応してしまい、OHラジカルの酸化力がなくなる。しかし、ナノイーはOHラジカルを水のカプセルに閉じ込めるので、OHラジカルは空気中の成分と反応しないため、酸化力を長く保てる

 

 OHラジカルとして、十把一絡げにされてしまうパナソニックのナノイーだが実はOHラジカルの効き具合が他社とは桁が違うほど強力なのだという。

つまり他社の機器でOHラジカル単体を直接空気中に放出している場合は、発生器の近くでは効果を発揮するものの、発生器から遠くにある場合、衣類やじゅうたんなどに染み込んだニオイや菌にはほとんど無力というわけなのだ。

その点ナノイーは、空中に浮遊できる時間が長い上に、水のカプセルにOHラジカルが入っているので、機器から遠い場所やカーテン、じゅうたんなどにも有効。それはなぜか? カーテンやじゅうたんなどに水のカプセルが付着すると、水カプセルが割れてOHラジカルが一斉に染み出すから。(クラスター爆弾や散弾銃、カプセル状の薬のようなイメージ)なので衣類の中などに染み込んだニオイも消臭できるというわけなのだ。

この説明では対ウイルスになっているが、対ニオイの分子に対しても同じ。水のカプセルが割れると、中からOHラジカル軍団が飛び出して一斉攻撃を仕掛ける。だから早い。だから強力!

 だからパナソニックは「衣類の脱臭ハンガー」や「靴の脱臭器」といった物にまで商品の幅を持って売り出せているのだ。いやはや驚きである。

【ここでのポイント】

・パナソニックのナノイーは、OHラジカルを水のカプセルに閉じ込めている
・OHラジカル単体で放出するより10万倍寿命が長くなる
・極小の水カプセルは繊維の奥まで入り込むので、染み込んだニオイを根本から消臭できる

 

酸素が他の分子にくっ付いて酸化させるオゾンとどう違うの?

from Staff

消毒やニオイ消しとして古くからあるのが「オゾン」という気体を使ったもの。オゾンは、O2(酸素)にもう1個のOがくっついたもので、化学式で書くと「O3」

 Oが2つの「O2」はカップルのように結びつきが強いのだが、余分にくっついてしまったOは例えるとどちらかの友達がたまたまデートについて来ちゃった感じかな?(かなり嫌な感じやけど)だからすごく居心地が悪い。

成り行きでついてきたOは隙を見て「O2」から離れたい。だからO3が空気中に放出されると、お邪魔虫のOがスキあらば周りにある分子にくっつき酸化する。こうして2人で安定した「O2」と、Oにくっつかれた「酸化○○」という分子になるのだ。だからO3も非常に短命である。

「OHラジカル」に非常によく似ているが、相手の分子を酸化させ、除菌や消臭を行なうところは一緒。また短命という点でも一緒。違いは相手の分子を酸化させる力が「OHラジカル」より少し弱く、相手を酸化させたあとに残るのは、OHラジカルが「水(H2O)」で、オゾン(O3)が「酸素(O2)」という違いだ。

 オゾン自体はそれほど危険なガスではない。スーパーに並ぶ野菜は大半がオゾンを水に溶かした「オゾン水」で洗浄されているし、トイレ自身が自分を洗う高機能トイレにもオゾン水が使われている。昔は「塩素」を含んだ薄い漂白剤で洗うのが主流だったが、塩素は残留するため、現在は野菜に限らず肉や魚、食品加工工場などでもオゾンに切り替えてきている。また、病院やホテルの清掃などにもオゾン(気体)が使われているほど一般的。ただし、狭い空間に長時間オゾンを放出する(高濃度になる)と、人に害を及ぼす場合がある。とはいえ、一般家庭用として販売されているオゾン発生器は「非常に低濃度」なので危険性を心配することはない。あくまで高濃度オゾンを発生させる業務用機での注意だ。

【ここでのポイント】

・オゾン(O3)も酸化作用はあるが「OHラジカル」に比べると酸化力が弱い
・OHラジカルは非常に短命
・高濃度のオゾンは人に害を及ぼすが、家庭用の発生器は低濃度で安心

ナノイーの解説をちょっと

from Staff

ナノイーについて少し書いてみます。

どのメーカーも、O(酸素)とH(水素)がくっついた「OHラジカルという分子」が働いて、菌をやっつけたり、ニオイを分解したりする図がカタログに掲載されている程度です。(オゾンの場合は3つのO)。

「OHラジカル」というのが各社のキーワードになっているが、どう作用するのかイマイチわからないですよね?

「OHラジカル」というのは、非常に乱暴者で、スキがあれば他の人が持っているHを横取りして、Hに0が2つという分子になりたがる。

そう「H2O」つまり水だ。

 一方、Hを1個取られてしまった分子は、別の分子に変化する。たとえば鉄のクギをしばらく放置しておくと、表面がボロボロに錆びて鉄とは違う物質になってしまうのと同じだ。これは「酸化」という現象で、鉄が鉄でなくなってしまったというわけ。

鉄のクギを放置しておくと茶色く錆びてしまう。コレは表面が「酸化鉄」という鉄とは違う物質に変化してしまったから。

 

さて、科学の不思議なところだがある物質に酸素がくっつくから「酸化」というのは納得できるが、OHラジカルのように「ある物質からHを奪ってしまうこと」も化学の世界では酸化というらしい。

まぁ「OHラジカル」もニオイや菌を”酸化”させることで、菌を抑制したり消臭したりしていると考えて問題ないかな?

水色のOHラジカルさんは、とにかくHをひったくる! (パナソニック「10分で分かる ナノイーX教室」より)

 

 そしてもう1つの特徴が「OHラジカルはスキあらば他の物質が持つHをひったくろうとする」ので、OHラジカル発生器で生成され、空気中に放出されると、空気と一緒に漂う色々な物質から手当たり次第にHをひったくり、ごく短時間しかOHラジカルとしては生きられない。

実はOHラジカルはめっちゃ強い酸化能力を持っているものの、虚弱体質だから数ミリ秒しか生きられないというショボキャラなのだ。(笑)

もう少し科学的な話になるとこうなるが、難しくなってしまうので今回はここでやめときます。(出典:パナソニックのプレゼン資料より)

【ここでのポイント】

・OHラジカルは他の分子のHをひったくり相手を酸化する
・OHラジカルは非常に短命で、生きていられるのは数ミリ秒間
・「酸化」という現象が、除菌や脱臭をするという基本原理

ナノイー恐るべし

from Staff

今回の工場見学で改めて「ナノイー」について色々と教えてもらいました。

実は結構前から研究・開発があって今に至ってるみたいです。

「すっきり!!」って・・・

from Staff

この便座恐るべし

でもすごい進化やなぁ~~~

商品名は今でも健在です

ちなみに便座の左右のスイッチは何かの発射ボタン?

これ何を発射すんの??笑笑

これちょっとすごくないですか?

from Staff

私の実家は昔「ナショナルの家電販売店」でした。

先日母からこんな物が送られてきて・・・見ると「パナカード」

って書いてます。

「ナショナルクレジット」って?

カード有効期限の「65/9」って?

なんと「1965年9月」が有効期限の50年以上前のクレジットカードでした。

なんちゅう物持っとんねん 母ちゃん(汗)

しかし長~~~~~いお付き合いじゃないですか?パナソニックさん!!!

 

ページトップへ戻る