国土交通省 平成30年住生活総合調査の調査結果(確報)から

 

SDGsの当社での取り組みについて

「株式会社 壱縁」は企業活動を通じたSDGs達成への貢献をめざしています。

 

〇 持続可能な開発目標(SDGs)とは


持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

 

〇 SDGsの17の目標

 

 

 

〇 当社での具体的取組み

 

会社全体で「喫煙者0」を達成します。
働く社員の健康だけでなく、お客様に共感いただけるサービスを追求するために、会社・協力業全体で「喫煙者0」を達成します。

 

女性が働きやすい環境を企業目線で主体的に考え、問題点の改善へ取り組むことで女性が幸せに働ける環境をつくります。
社員同士の交流会を月に1度開催し、女性含め全ての社員同士の横のつながりを深め、何でも気軽に相談できる環境作りを目指します。

また、この会社で長く働き続けられる環境を作ります。
まず、毎年行う社員の健康診断のレベルを1段引き上げて行う健康診断を通して、働く全ての社員の健康管理をより徹底して行います。
また、業務の効率化をはかり、社員の残業時間を削減しながら、社員の有給取得率も100%にします。

 

太陽光発電や蓄電池の普及・促進を拡大して、暮らしや地域に貢献していきます。

 

我々は、これまで太陽光発電や蓄電池の普及・促進においても設置実績を残してきました。
地球温暖化問題が議論される中、国内においても再生可能エネルギーへの転換が注目されています。
太陽光発電は、これからの国内の主電源たりえるエネルギーとして普及させることが重要だと考えております。
また、発電した電気を貯蔵できる蓄電池は自家消費・非常用の電源として、これからの設備として大きな役割を果たすと考えています。
「電気」という必要不可欠なエネルギーの自給自足率を「再生可能エネルギーを通して」高めることで、 地球環境に優しく、安心、安全なクリーンエネルギー社会を実現できると考えております。

太陽光発電の普及・促進を通し、CO2削減の他、皆さんの暮らしや地域に貢献を果たしていきます。

 

キッチン交換工事

お庭周りの改修工事

キッチンリフォーム工事

洗面台交換工事

キッチン交換工事

ユニットバス交換工事

大型エクステリア+土間コンクリート工事

外壁・屋根塗装工事

ページトップへ戻る