土地の下落に要注意!不動産売却で借りた額が返せないことも・・・

リバースモーゲージで借り入れする際の一番のデメリットは「リーマンショック級の不況による土地の評価の下落」です。

仮にリバースモーゲージで1000万円を借りたとします。

1000万円を借りられるという事は実情価格が逆算すると「2500万円ほど」になります。

仮に2500万円の不動産が下落して、1,000万円になってしまった場合・・・

「1,000万円に下落しても借りた1,000万円は返せるよね?」と思ったあなた。

頭がお花畑です(;´・ω・)

 

借りた1,000万円には当然年間2%前後の利息を支払わなければなりません。

仮に1年間2%で借りたとしても1,020万円で支払わなければいけないのです。

当然不動産の売却額で支払えなければ、子供等に支払ってもらう必要がありますよね?

 

まあ一気に土地の値段が半値になるってことは滅多にないと思います('◇')ゞ

ですが、不動産の下落にめっぽう弱いのがリバースモーゲージだという事は覚えといてください!

 

春の訪れか・・・

我が家の「梅とゆめ」です (;^ω^)

ちゃんとお座りできました☆彡

もう少しで春ですなぁ~~

M様 浴室交換工事

お店の場所が見えやすくなりましたよ!!

当店の前を走っている道路(旧3号線)は、福岡県が現在「道路拡幅工事の準備」をしております。

何年も前から準備は始まっているのですが、先日遂に二軒お隣に建っていたお店の解体工事が終わりました。

和白方面から進行して来られるとこんな感じの景色になります。

建物全部がしっかり見えております。

めっちゃ見えております(;´・ω・)

反対から見ると拡幅部分がよくわかります。

こう見ると、かなり土地を取られてるな~~('◇')ゞ

早く整備されてキレイになって欲しいものです。

実は「土地の評価額が低い」とほとんどお金を借りることができない?

「不動産」というものは、なかなか残酷なもので「評価の低い物件」に対しては金融機関はかなり厳しいです。

 

仮に建売で土地、建物を2,580万円で購入したとしましょう。

その土地が「1,000万円」だとした場合はどうなるのでしょう?

固定資産税評価額は実情価格の70%で算出するといわれておりますので・・・・

評価額は700万円

 

そこからリバースモーゲージは評価額の5割から6割しか貸せませんので、実際に借りれる額は「350万円~420万円」

ということになります。

これでは1年から2年程度で全額を使い果たしてしまう可能性が有りますよね?

もし地方の物件を購入されたのであれば、まずはその生活コストの低さを利用して、しっかり老後資金を貯蓄する事をオススメします。

銀行は収入の無い方にお金を貸してはくれない

と、今さらではありますが・・・・そういう事です(;^ω^)

しかし、リバースモーゲージの2つ目のメリットは収入の無い方でもお金を貸してくれることにあります。

リバースモーゲージで借りたお金は、担保にしている不動産を売却して返済する為に本人に収入があろうがなかろうが「土地の評価が高ければ」お金を貸してくれます。

もしあなたが「年金のみ」で住宅ローンを支払っていた場合、毎月悲惨な状況になりそうなことは想像できますよね? しかし、リバースモーゲージでお金を借り入れ後、そのお金で住宅ローンを一括返済してしまえば、住宅ローンの月々の支払いが消え(元本+利息)リバースモーゲージで借り入れした額の利息のみを支払うことになります。 ☚最終的には担保の売却で借入額を支払う

住宅ローンの元本分を支払わなくてよくなりましたので、月々の家計にゆとりができるというのがリバースモーゲージの賢い使い方です。

 

ただし!!!

もちろん利点ばかりではないですよ(;´・ω・)

リバースモーゲージでは「借入金利が変動する」ため、金利が3%から5%のように上昇すれば、当初の想定より高い利息を払うことになる事もお忘れなく・・・

M様 リビング改修工事

M様 トイレ交換工事

M様 外部テラス工事

PanasonicリフォームClub全国大会に行ってきました

2月4日、5日で「PanasonicリフォームClub全国大会」に出席してきました。

全国の有力ショップさんが集まりますので、何かと刺激を受けます。

夜にはこんな感じで美味しい食事をいただきました。

お部屋から「大阪城ホール」と「大阪城」が見えます。

去年も全く同じ景色を見た記憶が・・・・

「きっとパナソニックさんが気を利かしてこの景色の見えるお部屋にしてくれているんだろうなぁ~」と

改めてそのお気遣いに感謝しました。

また、来年もご招待していただけるように精進します。

 

ページトップへ戻る