お金を借りてもその住宅に住み続けることができるって?

突然ですが、ご質問です。

定年後になると原則収入が年金しか無いですよね? 急に大きなお金が必要になった時はどうしますか?

 

貯蓄を切り崩すしか方法がありませんよね?

 

しかし「リバースモーゲージ」を使用すればこの問題は一気に解決します!

この「リバースモーゲージ」とは、購入した住宅を担保にしてお金を借りるローンの事です。

「リバースモーゲージ」で借り入れできる不動産は、原則「戸建てのみ」ですが金融機関によってはマンションでも「リバースモーゲージ」

を使用することが可能です。

ちなみに借りられるお金の額土地の評価額に対しての5割~6割程度しか借りることができません。

ですが「リバースモーゲージ」の最大のメリットは担保にしている住宅に住みづづけることができること!なのです。

 

通常、貯金が尽きた場合などは住宅を売却して現金を得る方法が一般的ですが、住宅を売却した後に待っているのは次の住まいを借りることになりますよね?

しかしここからが大きな問題なのです!

次の住まいを探すのにもお金がかかる上に、老人に賃貸マンションを貸してくれるオーナーが全くいないということです。

それはなぜでしょうか?

あんまり大きな声では言いにくいのですが、高齢者がその部屋で孤独死されたら賃貸オーナーさんが困るからです。

(「大島てる」なるサイトで、事故物件として登録されると誰でも閲覧可能なので次の借り手を探すのが困難になるからです)

でも「リバースモーゲージ」を使用すれば、住宅はそのまま住み続けられる上に現金を得ることができます。

そうです。

あなたの購入した住宅が老後の資金になるのです。

Y様 IHクッキングヒーター交換工事

ページトップへ戻る